地域を巻き込み情報発信をするためのコツについてお話してきました。

第2弾!インスタで地域の魅力発信に貢献!三島×GirlsUniversity この度、第2回目の三島×GirlsUniversityのイベントが開催しました。 前回の記事はこちら Instagramを使った戦略としてGirlsUniversityメンバー(以下表記:GUメンバー)が運用しているInstagramアカウント〔鎌倉ぶらり旅@kamakura_city_gu〕をもとに講演しました。 Instagram「鎌倉ぶらり旅」の事例 この鎌倉ぶらり旅というアカウントは、鎌倉を愛してやまないGUメンバーが、「週末ふらっと行けるような目的地を手軽に知りたい」「ハッシュタグで検索して自分の気に入った投稿を見つける手間が面倒」という思いから投稿がスタート。 2017年5月以来、毎日のように更新を続け、開始から半年足らずでフォロワー3,000人を突破し、現在は5,000人!エンゲージメント(いいね数やプロフィールへのアクセス数)を上げるためのコツもしっかりとつかめてきました。前回同様今回も、この鎌倉ぶらり旅の事例をもとに半年間でさらにバージョンアップした内容を市民の方にプレゼンテーション・実演を行いました。 以下にプレゼンテーションと実演内容の一部を掲載します。 内容は鎌倉ぶらり旅について。から始まり他のSNSとは違うInstagramの特徴や1からスタートのやり方、 ワークショップを通じて —魅力的な写真の撮り方、選び方、加工 —ハッシュタグの工夫の仕方を行いました。みなさまのご協力を頂き盛り上げり楽しくInstagramについて発信できました。 今回は特に認知拡大、フォロワーを増やすのに大切なハッシュタグの大切さについて。おすすめのハッシュタグや工夫の仕方を紹介。 学びタイムではワークショップで実践することでInstagramを明日からすぐに始めるベース作りができました。講師や参加者から投稿した写真についてリアルなコメントも行き交い笑いも多く起きました。今だからできるリアルな反応は新鮮で勉強になりますよね。   最後の質問タイムではリアルな質問をたくさん頂きました。鎌倉Instagramで実践してきた事、工夫点でお答えをさせて頂きました。…

女子大生よ、品川から45分。さあ三島に行こう

女子大生よ、 品川から45分。 さあ三島に行こう こんにちは!GirlsUnivercityの嶋田です。 この度は三島市でInstagramのイベントを開催しました。なんと今回で2回目! 前回からはバージョンアップをして戻ってきました! イベントまでの日中は三島市内を観光しました。箱根や伊豆に隣接している三島!ここら辺はどこも観光地で魅力なスポットばかりです。そんな三島に私はよく家族旅行に訪れていたのですが車なしでバスや自転車で街を散策するのは今回がはじめて!わくわく!! 品川から三島までは新幹線で45分 品川駅から新幹線に乗ってビューっっと!三島までは45分!大好きな新幹線はあったいうまでした〜着くの早すぎ!もっと乗っていたい〜 9:20三島駅到着! スカイウォークのバスに乗るんだ〜っと改札を出てバス停を探しに… ん。? なんだか観光地と思えないくらい静か… なかなか見つからないので駅員さんにバス停はどちらですか。と尋ねると反対の改札口だよ。って。。。びっくり!!反対口に行くには入場券を買ってもらって入るかぐるりと回らないと…。回るのはどのくらいかかるのかと聞いたところ10分くらいとのこと…バスに間に合わない…!泣 と、なり入場券を購入。 私みたいな人が多いのか。すごくわかりやすくホワイトボードがありました。さらに注意点はicカードの利用は出来ないところ。てっきりピッで入場できるものと… 南口の改札をでて外から駅を見たら…!かわいい…!!駅が山の形になってる!!…

第1回テーマ 「なぜ世の中には給料が高い企業と低い企業が存在するの?」

山口さんに聞いた「お金」と「働く」こと 『山口さんに聞いた「お金」と「働く」こと』では、「働く」ことや「ビジネス」についてはじめて考えたはじめたGilrsUniversityの学生たちががもった素朴な疑問を、ビジネスのプロの山口豪志さんが答えます. 「仕事・働く」ということをもっと身近に感じれるような素敵なお話ばかり。 これを読んで、社会に出る前に知っておくべきことに関心を持っていただけたら幸いです。 第1回テーマ 「なぜ世の中には給料が高い企業と低い企業が存在するの?」 記念すべき第1回目のテーマは、「なぜ世の中には給料が高い企業と低い企業が存在するの?」です。 この問いに対し、山口さんは、「給料が高い企業とそうでない企業の差は、ビジネスモデルから生まれる。」ときっぱり。 (※ビジネスモデルとは、企業が利益を生むための仕組みを指します。企業の戦略によって商材が有形か無形か、販路がオフラインかオンラインか等の違いが生まれます。) ここからは、うどん屋さんと銀行を例にして詳しく解説していきます!   うどん屋と銀行のビジネスモデルの違い まずは、うどん屋さん。 例えば、うどん屋さんのビジネスモデルでは、1杯400円でうどんを提供するとします。麺の原価が1玉約40円だとした場合、それに加えて材料費や店舗の固定費などを重ねれば、1杯あたり利益として残る金額は、約50~100円です。 また、うどん屋さんを経営する上で、新作のレシピを開発する必要性もあれば、アルバイトや社員など、雇用する人材を継続的に確保するための「チームマネジメント」も欠かせません。 給料(人件費)は、こうした費用を収益から差し引いて出た利益によって決まります。…

山口さんに聞いた「お金」と「働く」トリセツ

儲かっている会社と儲かっていない会社の違い 給料が高い会社とそうじゃない会社の違い 従業員が多い会社とそうじゃない会社の違い 離職率の高い会社とそうじゃない会社の違い ベンチャー企業と大企業の違い アルバイトとインターンの違い などなど 今回の企画では 「働く」ことや「ビジネス」についてはじめて考えたはじめたGilrsUniversityの学生たちががもった素朴な疑問を、 ビジネスのプロの山口豪志さんが答えます。 これから社会にでる学生だけでなく、社会人も知っておきたい考え方がたくさん! 目次 「なぜ世の中には給料が高い企業と低い企業が存在するの?」 答えてくれる人 山口豪志さん 株式会社54…

【イベントレポート】amanaimages × Girls University コラボイベント 第2弾

amanaimages × Girls University コラボイベント第2弾 〜写真の価値を上げるアイデアを考えよう〜 こんにちは!Girls University の岡根歩美です! 7月11日、amanaimages(アマナイメージズ)さんとGirlsUniversityのコラボイベント「写真の価値を上げるアイデアを考えよう~撮影 実践編~」を モラルテックスラボにて開催いたしました。 今回のイベントでは、モラルテックスラボさんのタオルを被写体としてお借りし、 3人グループに分かれて撮影ワークを行いました。 テーマは、【ぬくもり】! 各グループ、真剣な表情で試行錯誤したり、相談しながら撮影していました!…

写真の価値を上げるアイデアを考えよう〜写真撮影 実践編〜

  6月に開催されたイベント「写真の価値を上げるアイデアを考えよう」の続編、 第2回目は「実際にカメラを使い写真を撮る」そして「写真の価値を上げるアイデアを考えよう」がテーマです! 今回も日本最大級のストック素材販売サイトや「For Your Images」で6000万点に及ぶ高品質な写真・イラスト素材、動画素材などを販売しているアマナイメージズさんとコラボをしてイベントを開催します! テーマは『写真の価値を上げるアイデアを考えよう〜写真撮影 実践編〜』 アマナイメージズさんが提供しているサービス「ストックフォト」の写真は、ウェブサイトや広告のデザインなどに幅広く使われています。 今回、参加者の皆さんに提示されたお題に沿って自由に写真を撮ってもらい、ワークを交えつつ撮影した写真に対してアマナイメージズさんからフィードバックをいただき、写真の価値をあげるアイデアについて深めることができます。 前回に引き続き「写真の撮り方1つで可能性が大きく広がる」ことを更に感じていただける内容になっております! そして今回は宿題があります! 「自分の好きな街の写真を撮り、それに見合うキャッチコピーを考えてくる」です! 何気無く地元の風を撮った写真でも良いですし、旅行先で撮ったお気に入りの写真でももちろんOKです! 例えばこのような感じの写真!是非用意してきてください〜!  …

【イベントレポート】amanaimages X Girls University コラボイベント

amanaimages X Girls University コラボイベント第一弾 〜写真の価値を上げるアイデアを考えよう〜 こんにちは!Girls University の浅間です! 6月4日、amanaimages(アマナイメージズ)さんの会社にて「写真の価値を上げるアイデアを考えよう」のコラボイベントを開催いたしました。 今回のイベントで参加者の方に伝えたかったことは、「写真の撮り方次第で可能性の幅が広がる」ということ。 例えば、広告に使われている写真とインスタグラムに載せるような“インスタ映え”の写真とでは、撮り方が全く異なります。このように写真の特性や使い分けを理解した上で自分自身も良い写真の撮り方を学ぶことができれば、写真ひとつで色んなチャンスが見えてくるのではないでしょうか。 そんなことを目的として開催されたこのイベントは、参加者自身に参加してもらうワークショップとアマナイメージズさんからの座学という2部構成で行われました。 私自身も学べることが多かった当日のイベントの様子をたっぷりお伝えしたいと思います! はじめに、ワークショップの時間では写真が使われている広告を参加者自身に探してもらいました。 食品会社の広告から、アパレルの広告まで幅広く取り上げ、その上で「印象的で魅力的な広告って、いったい何が人を惹きつける要因なのだろう」と実際に深く話し合ってもらいました。 次の段階ではグループ内でひとつかふたつ広告を選んでもらい、さらにその広告が持つ魅力的な要素を深堀る時間。…

しましま日和(後編)〜衣食芸の街、馬喰町〜

こんにちは!guの淺間です! 5/11~5/13の間、馬喰町周辺にて開催された「しましま日和」というイベントに参加して参りました! このイベントに関わる12店舗のお店の皆さんが様々な形で「しましま」を表現し、お店の人もお客さんもしましまで繋がって楽しんでいました!とってもユニークで、ワクワクした当日のイベントの様子を是非お伝えしたいと思います。 はじめに訪れた場所は当イベントのメイン会場でもある「MORALTEX・LAB」さんへ! 高品質なタオルを数多く販売しているモラルテックスさんの店内にもたくさんのしましまを発見しました。 そして店内の奥に進むと、ゆったりとした空間の中で一息つくことができるカフェスぺースまで備わっています。 ドーナツもとっても美味しそう〜! さて次に向かった場所は、写真を中心としながら広く作家ものを取り扱っている「Roonee 247 Fine Arts」です。この日はイベントに合わせて「島縞-simasima-」のタイトルの元、とても可愛らしい雑貨やバッグが販売されていました。 陶器もしましま! バッグもしましま!! そしてオーナーの方の服装もしましま!!!とっても気さくで素敵な方でした^^ 次はオリジナルのノートを作りに、「Art Splace…